前略『机』の上より(一)

  • 2017.07.30 Sunday
  • 01:30

JUGEMテーマ:塾と家庭教師

 

みなさん、こんばんは。

 

『自宅』で夏期講習は、

満を持して開幕しております。

今夏は、

小学生から高校生までのワイドな担当になっていて、

指導の準備に余念がない有様^^

ちょいとハードでも、

楽しさ倍増な毎日って感じです。

なので、

出来る限りの工夫も一入。

生徒さん一人一人にフィットする教材を求め、

光の森から嘉島まで、

時間があれば縦横無尽に、

書店へとクルージング^^;

している次第であります。

・・・あの子には、これだな?

生徒さんの顔を思い浮かべながら、

学参コーナーを行ったり来たり・・・

散々迷ってから、

これだ!

決断する時には、

小1時間は経過している始末・・・

でも、

なんか清々しいんですよ。

 

さて、本題。

夏休みのお勉強は、

しりーず:前略『机』の上より

で特集して参ります。

 

栄えある第1回は?・・・『工夫』

 

生徒さんが、

どうしたら理解しやすいのか?

口だけでは、伝わらないかも・・・

絵にする、図にする、

チャートに、カラフルに♪

ここは、なかなか思案のしどころですが、

とっても楽しい^^;

 

例えば、

平方根は、次から次へと変形が続くから、

流れが見える説明だと、

生徒さんは笑顔のまま。

プロセス重視で、

ゆっくりと丁寧に進めます。

でも、

解説が終わったら、

生徒さんにリロードしてもらうこと、

絶対に必要です。

 

次に、

英語の長文読解では?

 

左画像のように、

読解の手順を書いて説明しています。

 

長文読解問題の答えは、

『本文に書いてある!!』が鉄則。

なので、

キーセンテンスを見付ける練習が要ります。

そのために、

マーカー黄色&赤色で、

きっかけ文にアクセント付けてます。

 

また、

知らない単語があっても前後から推測するチカラ。

これも結構練習必要です。

 

ただ和訳させる・・・

問題に答えさせる・・・

ん〜、それじゃ淡いかも?

やはり、

プロセスを大切にして、1つ1つ丁寧に。

教える側の手間暇かけてる感は、

生徒さんのやる気と、

その先の理解度に大きく影響して行くのです。

 

前略『机』の上より・・・

君たちが、

独りで学習を進められるように段取る♪

家庭教師は、

日々工夫を施すのである。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

counter

アクセスカウンター
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング

↓私にお任せください

口コミ感謝です♪

↓ご依頼はコチラから

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM