共通テスト『戦略防衛構想』すうがく

  • 2017.08.21 Monday
  • 16:38

JUGEMテーマ:高校受験

 

みなさん、こんにちは。

8月も後半・・・

今夏は、過ぎるのがは・や・い!

そう思いませんか?

よって、

自宅で『夏期講習』佳境を迎えております。

今、その間隙を縫って、

記事を書いている有様なのです。

さあ、

これから夜の部へ。

決心・前進・自分更新を合言葉に、

いざ出陣。

 

それでは、

共通テスト『戦略防衛構想』すうがく編♪

 

えっと、

27年・28年の過去問題を分析してみると、
大問➊〜❼まであって、
➊の計算問題
❷の基本小問群
❸方程式の文章問題
❹場合の数・確率応用問題
❺比例〜一次関数の図形的問題
❻空間図形
❼証明問題
出題パターンは、変化がないようです。

配点は、おおよそ、
➊10点
❷16点
❸4点
❹4点
❺6点
❻4点
❼6点
1問2点系多いです。

昨年も触れましたが、

➊と❷だけで26点もあるのです。
いかに、

基礎基本に重きが置かれているかですね。
また、
問題レベルも、
➊は、計算カードのやり直しで対応可能。

出題は、つねにワンパターンです。

10点をげっちゅなチャンス♪

 

❷は、教科書の章末&巻末問題などで練習。

絶対値と、等式変形関連は激熱☆

それと、

恒例(6)(7)(8)の図形3部作をクリアできれば、

高得点も可能。

 

❸方程式文章問題。

27年、28年と年々ムズくなってきてます。

数量関係を図にして、問題文を捉える練習が有効。

 

❹確率

ここも年々マニアック化。

円周や三角形から、28年は立体の頂点を動くバージョンへ。

また、

27年は碁石問題でした。
とは言うものの、ルールを理解し、

すべての場合の数を数えたら、案外簡単なのです!?

 

❺関数の図形問題。

直線で囲まれた図形の面積は?とか、

図形を二等分する直線の式は?とか主流でしたが、

28年は、図形スライド問題。

重なった部分の面積シリーズです。
入試でも頻出単元なので、

絶対に関数だけは苦手にしてはいけません!!

 

❻平面図形or空間図形

平面図形は回転系、空間図形は展開系。

ここは、生徒さんが苦手なとこ。
図形を回して通る頂点の足跡はみたいな??

回す、切る、開く、折るとか・・・

頭だけでやるより、書いて具現化するのが効果的。


❼証明問題。

これは穴埋めパターンなので、

比較的答えられそうです。

ただ時間配分を誤ると、オールぱ〜になる危険あり。

穴埋めは先にしておくのも、いいかも。

 

基礎をしっかりと理解して、

それを使えるようにする!!

この練習が数学のミソですね。

 

みなさん、塾や個別なんかで、

それぞれ夏期講習へ行かれてますよね。

しかも、終盤に来てるから、

『やってる感』に見舞われてません?

実は、

ここから2週間の『トドメ』が、

とっても大事なんですよ。

 

本当に、この問題できんの??

 

少しでも??

って感じたら、

すぐそこでやり直してみましょう。

この追撃的トドメの勉強が、

得点アップを生むんです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

counter

アクセスカウンター
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング

↓『私』をクリック

口コミ感謝です♪

↓ご依頼はコチラから

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM