『なんで?できねぇんだよっ!』理論

  • 2018.05.13 Sunday
  • 10:55

JUGEMテーマ:塾と家庭教師

 

みなさん、こんにちは。

今日は、生憎の雨モードです。

シャーーー

って車がアスファルトの雨粒、

轢いてく音、聴こえてきます。

でも、ちっと蒸すなあ・・・

おっ!こんなところに、

とるねーど扇風機★

おっりゃああああ!!

プチっと稼働♪

 

世の中、物騒な事件や、

悲しい出来事増えてますね。

どんなに自分で気を付けていても、

向こうから〜

いつ災難に見舞われるか?

マジ分かりません。

なので、

マサカのために・・・

やっぱ『○○保険』なんすかね〜

ヒトの心理を突いた、

おいしいアイディアっす。

勉強もさ、

頑張って努力してるのに、

維持どころか下がっちゃったああ。

なんで〜?

だれのせい?

くやし〜〜!!

この鬱積どないしてくれるねんなあ!?

ってなるとそのうち、

『学力保険』『成績保険』とか・・・

万が一成績下がったら、補償いたしますみたいな。

いや、

これもう実現してるっぽそう!?

最悪、

お金お返しします制度には、

ならないでくれ〜〜

激しく願!!!

 

さて、

家庭教師的に忙しくなって参りましたあ。

ご新規もあったり、無料体験学習あり、

中間テスト前の集中指導あり〜ので。

昨日は、

6月初っ端の英検対策、

特に、

リスニングをコッテりご一緒してきました。

「CD聞いてる?」

「毎日やんないとね」

よく指導者が言うセリフ・・・

でも、

言われて独りでできるなら、

問題ないわけで。

したがって、

もうリスニング第1・2・3部、

全部やっちゃいます。

んで、

リターンして、

分かんないとこ、

聞き取れないとこ、

あいまいなとこ、

グリグリローラー的な。

こんくらいしないと、

25〜30問のリスは、

対策とは言えないのであある。

自学、自学、自学?

時にはベッタりと貼り付き、

ネチネチ、グリグリも必要なのです。

みなさんの先生は、

いかがですか?

だってさ、

音源と再生まし〜んと、

紙と鉛筆ですぐできるんですし。

 

いろんな意味で、

うれしい悲鳴

&

必要とされてることへの感謝♪

一方、

段々必要とされてない生徒さんも、

ぶっちゃけ出てきましたが^^;

大きな流れの中で〜

今期も、完全ファイア!!

邁進する所存であります。

 

お話変わります。

かつて雇われ家庭教師の時のエピ。

よく各社のホムペでも謳われてる家庭教師のお勉強会。

先生を研修してます・・・

担○制導入・・・

先生同士のコミュもばっちり!!

で〜〜す♪

 

当時2ヶ月に1回くらいで、

その研修会ってのがありました。

テーマは・・・?

だいたい行き当たりばったり。

しかも、

無償で参加・・・

駐車場代自己負担・・・

先生方、ココロの中では、

・・・めんどくせ〜

みたいな。

でも、

契約○○とか、社会保○加入者は、

これ参加しないと・・・

んで、

結構人数的には、あつまるあつまる〜

ちなみに私は、

こういうの好きなんで、

逆に前向きでしたけどね。

 

責任者の仕切りで、はじまりはじまり〜

テーマ『成績アップへの戦略』

なので、

みなさま、一様に、

「・・・してます」

「○○○はしないようにしてますね」

自説をご展開。

で、

こんなケースも。

高校生のご家庭は、

生徒さんひとりに、

国語・数学・化学・英語ってな具合に、

家庭教師を数人依頼してる方もおりまして。

ってことは、

先生が集まれば、

共通の生徒さんの『今』になるのは・・・

当然の成り行き・・・

そこで、

おおよそ成績が上がっていない場合は、

「基礎がないから、ダメですよね」

「お兄さんは、よかったけどね」

「それでも、数学はいいじゃん」

「医学部、きびし〜」

みたいな品評会がスタート・・・

その後、

じゃあ、どうしたら改善できるか?

って話は、

お互いのやり方・プライドが蔓延り、

「まあ、情報をもっと共有しましょ」

ってレベルで終わってた次第です。

「何回やらせても、できないんですよねぇ」

「ああ、やっぱり」

「数学はどうですか?」

「そこそこできてるかも」

 

でも、

ご本人の前では、おそらくこんなこと、

言ってないだろうし。

責任者は、うすら笑いを浮かべて、

メモってるだけなご様子。

 

時計の針を今に戻します。

現在担当している生徒さんも、

なかなか覚えられない・・・

同じ間違えを繰り返す・・・

集中力がなく、アクビばっかり・・・

の時も、結構あります。

 

教える側から見たら、

・・・こいつ、ダメかも

・・・なんで、できなぇーんだよ

・・・これで、5回目だろ

特に、

お子さんの勉強を看てるお母さんや、

お父さんは、

こう感じたことあるかもしれません。

・・・簡単でしょっ

・・・なんで、そこ分からないかねぇ〜

イライラ感募る。

挙句の果てに、言ってしまうーー的な。

無償の親子愛?

正義の名のもとに・・・

「こんな問題もできんやつは、

海軍にはいらんのじゃあ」

的にゅあんすで。

 


 

事実・・・

家庭教師の時でも、

そんな尖った感情抱くことはありますよ。

仕事だから表に出ないってのも、

一部真実ですし^^;

だけど、

いくら気を付けていても、

言葉の節々に、

激励、焦燥、失望が入り乱れる。

たとえば、

「あっ、そこ違うよ〜

さっきとおんなじとこ〜」

優しく言ったつもりでも、

生徒さんにはチクチク刺さってるご様子。

それでも、

繰り返す・・・

そして、

できない・・・

 

シャーペンが折れそうな・・・

消しゴムが荒れ狂うみたいな・・・

まぶたが痛くなるような・・・

 

・・・なんで、できねぇーんだよっ!!

尖った感情が、

産声を上げちゃいそーだ

 

しかし!!

その負の刃の声、

無理矢理軌道修整!!

ギリっギリって、

少しずつ自分の方に向けるのです。

・・・なぜ、できないの?

・・・そうじゃないんだ。もっと違う伝え方なら?

・・・この子も必死なんだ。じゃあ、俺はどーだ?

すると、

・・・よし、ここは深呼吸♪

・・・いいよ〜できるまで付き合うよ〜

 

結構ワイドなココロになれるのです。

やがて、その時が来る!!

生徒さんが見事正解した暁には、

空前絶後の達成&充実の雨霰を、

一緒に浴びることは必定。

そこには、

あの刃物のようなどす黒い感情は、

どこにもありません。

 

家庭教師ってさあ、

深ィーーーー!!

 

さあ、

一緒にコッテりミッチり、

雨音聴きながら、

勉強してみましょ☆☆☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

counter

アクセスカウンター
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング

↓『私』をクリック

口コミ感謝です♪

↓ご依頼はコチラから

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM