俺たちの『Σ』

  • 2018.12.02 Sunday
  • 05:39

JUGEMテーマ:塾と家庭教師

 

みなさん、こんばんは。

師走っす♪

暦の上でも、Decemberだし。

2018年も終わりですねーー

 

午後8時過ぎ。

次は、中学2年生だ。

57号線のイルミネーションゾーン・・・

猶予できるタイムは無いのだが、

少しだけ、幻想の世界へ瞬間ダイブ。

・・・刹那を楽しみたい

これは失速ではない、

意志のある減速なんだ。

そして、再びアクセル♪

生徒が、

俺を待っている。

 

昔、

ハードボイルド小説にハマって・・・

自分でも書いてみたくなり・・・

どうすれば固茹でになるか!?

結構悩んだりしてました。

そこで編み出したのが、

『体言止め』です。

私は、

文章を書く時、

体言止めを多用しちゃいます。

 

あの名曲『よこはまたそがれ』

ご存知ですよね!?

 

よこはま たそがれ

ホテルの小部屋 

口づけ 残り香 煙草の煙り

ブルース 口笛 女の涙

 

名詞しか使われてないけど、

なんか沁みてきます。

なので、

助詞をカット!

作文には、

有効な技法かもです。

 

さて、

先週は高校生が期末でして。

その対策で、

57号線を行ったり来たりみたいな。

 

これはある生徒さんとのエピ。

 

その日は、

夕方6時からのスタート。

科目は、数B。

単元は、数列。

テスト範囲の練習問題を、

グリグリ復習♪

しかし、

等差はいいが、

等比で失速、

しかも和の公式が、

使えていない。

ただ初項と公比を代入して終わり〜

ではなく、

その後指数的処理もあるので、

ちょいと厄介な代物。

それに、

分数ぶんの分数になること多しで。

次に、

『いろいろな数列』が待ち構えているため、

スル―はできない。

したがって、

分数ぶんの分数の計算、

指数の処理など細かく解説。

生徒さんが独り発ちするまでに、

小一時間はかかってしまった。

・・・ああ、時間だ。

範囲の2/3しか・・・

次の生徒さんがいるため、

授業終了を余儀なくされる展開。

「えっと、

『Σ』全然できなかったけど、

大丈夫かな?」

家庭教師的には、2流の問い掛け・・・

つうか、

大丈夫じゃないのが分かっていたから、

なお性質が悪いみたいな。

「Σは、大丈夫です」

声に勢いはあるが、

目が泳いでいる・・・

 

壁時計・・・

秒針が、やけに私を焦らせる。

「等比数列の和までは、

できてるから、

『Σ』は、

これから自分でやってね」

「はい・・・」

なんか歯切れも悪くなってるし・・・

お父さんに挨拶をして、

後ろ髪引かれながらにエンド。

 

次の生徒さんとこへ急ぐ車中、

頭ん中は・・・

・・・不完全燃焼

・・・中途半端

・・・それでいいのか?

自問自答でドライビング。

曖昧なキモチを引き摺りながら、

Nextの生徒さんへ。

幸い教科が国語だったので、

なんら障害は感じなかったけれど、

お勉強が終わって車に戻った途端・・・

さっきの追求が一気に再燃。

 

・・・10時過ぎてるし

・・・今更!?そこまで・・・

 

・・・いや、今だからやるんだ

スイッチがカチッと入る!

キモチが固まると行動は速い。

・・・そうだ、お腹空いてるだろうし、

夜○ック買って行こう

いざ、

最寄りのドライブスルーへ。

 

到着。

生徒さんの部屋の窓を、

静かにコンコン♪

勉強していた生徒さん、

カーテン開けて私を目視。

ハンバーガーの袋を業とらしく・・・

「ちっといい?」

「はいっ!どうぞー」

もしかして、待ってたああ?

気のせいなのは分かってたけど、

なんか受け入れられて安心^^

お父さんは休まれてるかもなので、

若干忍び足で入室。

「夜○ック買っきたから、

食べてから、

さっきの『Σ』しようよ」

「はい、ありがとうございます」

「テリヤキとダブルチーズあるから、

好きな方選んでー」

「こっちでいいですか?」

「もちろん」

差し入れは、ヒトを饒舌にさせる!?

部活や学校のこと、

恋愛事情なんかを話しながら、

夜○ック☆☆☆

やけに、いとをかし♪

Mサイズのコーラに、

トドメのストロージュルジュルアタックして、

さあ『Σ』の攻略だあああ。

 

『Σ』ってなん?

そこから始めて、公式練習へ。

うむ、

夕方よりも集中できてる。

なので、理解も速い。

いくらかn絡みの因数分解には、

手古摺ったけれど、

テスト範囲をすべて終わらせることができた♪

・・・完全燃焼〜

 

深夜1時。

もはや、何も言うことはない。

 

「じゃあね、おやすみ〜」

私は、部屋を出る。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

counter

アクセスカウンター
着物買取着物買取ブランド買取ダイヤモンド買取時計買取ウォッチング

↓『私』をクリック

口コミ感謝です♪

↓ご依頼はコチラから

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM